風俗は別腹

疲れていても風俗に別腹感覚で行った時の体験談!

都会で辿り着いた結論

今でこそ笑い話の我が悲惨な風俗デビュー体験談を聞いてやってください。高校を卒業から地元の零細企業に就職したところ、そこの社長が入社祝いだと段取りしてくれたのがデリヘルでした。あまりに緊張し過ぎていた僕をリラックスさせようと、無理矢理飲まされたお酒で、我がイチモツはグデングデン・・・女性恐怖症に陥らずに済んだのが不幸中の幸いでしたが、以後風俗コンプレックスが随分長い間続きました。やがて地元を離れて都会へ出て来た事で、都会の風俗の華やかさと豪華なラインナップに開眼から、一転して風俗の魅力を楽しみまくるライフスタイルに大変身。そして私が辿り着いた結論が「デリヘルこそが風俗ナンバーワン」です。もちろんその日の気分や個人個人の好みとかもありますが、店の外で待ち合わせるデート気分とか、シャワータイムのイチャイチャからのサービスタイムへの自然な流れとか、お金を払って満足させてもらっている事を1番忘れられるのがデリヘルのね。都会で日替わりの彼女と・・・って地元の男連中に近況報告しても、嘘ではありませんからね。

投稿日:2017年6月13日

裸エプロンの熟女

裸エプロンって、いろんな雑誌で見ることが多いのですが、なかなかセクシーですよね。でもなかなか普段の生活ではお目にかかることができないので、この前は風俗デリヘルで裸エプロンを体験させてもらっちゃいました。なかなかセクシーでよかったです。特にこの前指名した子は熟女だったからなんだかいつも以上に興奮していまって、気持ちよく勃起させてもらいました。雰囲気だけじゃなくて、さすがに熟女ですから、テクニックもすごくて時間内に3回も射精できて本当に良かった、彼女の方も仕事という感じではなくて僕のをじっくり舐めてくれるので本当に気持ちよかったです!裸エプロンってどこから見てもセクシーで彼女の裸を思い切り堪能できたのも良かったですね。また、今度裸エプロンのプレイをしてみたいと思っています。お尻の感じも最高ですし、なんだかとっても贅沢しているかんじですね。今度はいつ来てもらおうかなぁと考えています。デリヘル嬢を次はいつ呼ぶか、風俗の事を考えるとワクワクしますよね。